髪を傷めないで白髪染めするならヘナ!ヘナでの染め方、おすすめのヘナ商品などを紹介します。

ヘナとの出会い

三十代になったら、白髪が気になり始めた!

shiragahakken10

白髪が気になり始めたのは、三十歳を過ぎてからでした。

初めのうちは、たまに一、二本見つかるだけだったので、その都度ぷちぷちと抜いていました。

そして、その頻度が高くなってきて…。それでも、どんどん抜いていました。

なぜかと言うと、髪を染めたくなかったのです。

というのも、二十代の頃、ヘアカラーで髪を茶色に染めていた時に、髪が傷んだことがありました。その時に、「もう、カラーリングはしない!髪をいたわる!」と心に決めたのでした。

しかし、容赦なく白髪の数は、どんどん増えていくばかり。

このまま、毎日、ぷちぷちと抜くのは、頭皮に負担がかかるのは自明です。

ある日、妖気を感じてる時の鬼太郎みたいに、直立した白髪を見ながら、

「髪を傷めないためにカラーリングしないと言いながら、毎日髪を抜くのは本末転倒だっ!」と、白髪染めを始めることを決意したのでした。

髪を傷めない白髪染めを探して

「白髪染めをするぞ!」と決意した私は、「白髪染め」「髪にやさしい」「髪を傷めない」などのキーワードで、ネット検索を始めました。

カラーリングが髪を傷めるのは仕方ないとはいえ、何とかダメージを抑える方法はないか。

すると、検索しているうちに、「ヘナは髪にいい」「ヘナは髪を傷めないどころかトリートメント効果があり、髪がキレイになる」という情報が出てくるではないですか。

…ヘナって何?そんな、髪を傷めないどころかトリートメントしてくれるという、魔法のような毛染めがあるの?おいしい話すぎないか?

ヘナをはじめることを決意!やっぱり髪を傷めたくない!

調べてみると、やはり、ヘナで染めることのデメリットもあるようでした。

まずは、色が自在には決められないこと。

それから、他のカラーリング剤に比べて、毛を染める時の放置時間が長く、1時間くらいはかかってしまうこと。

また、粉末を溶いて使うため、手間がかかること。

色が選べず、時間がかかり、めんどくさい」。これが、ヘナのデメリットでした。

そうですよねー。デメリットが何もなければ、「髪を傷めない白髪染め」なんて、魔法のようなものなのだから、白髪染めがしたい女性みんなが使っているはずですよねー。

しかし、何にも増して、私は髪を傷めたくないという気持ちが強かったのです。

「とにかく、髪は傷まないんだから、一度やってみよう!」と思い、ヘナを購入してみました。

はじめてのヘナ!結果は…?

初めて購入したヘナは、アットコスメで評判の良かった、ナイアード社のヘナ100%。

他のハーブが入ったヘナもあったのですが、最初はとりあえず、ヘナ100%にしてみました。

商品に添付されていた、髪の染め方を見ながら、染めてみると…

白髪がオレンジ色に染まりました!

色が入りにくい人もいるらしいので、とりあえず染まって、嬉しかったです!

ただ、髪を染めた直後に、ちょっと髪がギシギシになりました。

「髪がキレイになるって言うから、ヘナを使ったのになあ…」と、少し残念に思っていたのですが、一晩寝て、翌朝。

何だか髪の毛がツヤツヤしてる

ヘナは髪にいいって本当だった

というわけで、その後、ヘナを愛用し続けています。

ヘナでの白髪染めは、繰り返せば繰り返すほど、色味も落ち着いてきて、髪もますます健やかになっています。

henakotohena

「ヘナをはじめてよかった!」この思いを、一人でも多くの人にお伝えしたくて、サイトを立ち上げました。

髪を傷めずに白髪染めをしたい方に、当サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.