髪を傷めないで白髪染めするならヘナ!ヘナでの染め方、おすすめのヘナ商品などを紹介します。

ヘナ染めで失敗しないコツ

自分で、ヘナを使って白髪染めをするのは、それほど難しくはありませんが、最初のうちは小さな失敗もありました。

私の体験を踏まえて、ヘナ染めをする際のコツをまとめました。

ヘナペーストはしっかり混ぜる!

ヘナで白髪染めをする時は、パウダー状のヘナにぬるま湯を加えて、ヘナのペーストを作ります。

この時に、パウダー状のヘナが残らないように、丁寧にしっかり混ぜて下さい。

ヘナの粉が残った状態だと、しっかり色がつきません。

ヘナペーストは頭皮にもみ込むようにつける!

kotsu

白髪染めをする際に、一番しっかり染めたいのは、根本から出てきた白髪の部分だと思います。

新しく生えてきた根本部分の白髪を染めるためには、頭皮にヘナペーストを刷り込むくらいの気持ちで、根本に多めにヘナをつけましょう。

この時、しっかり頭皮からヘナをつけないと、一番染めたい根本の白髪部分に、色が入らないことがあります。

頭皮にヘナの色がつくのでは?と心配になるかもしれませんが、頭皮は皮脂が多いため、ヘナの色はあまり付きません。

もし色が付いたとしても、数日で消えます。

ヘナは頭皮をに健やかにする効果もあるので、むしろ積極的に頭皮につけてしまいましょう。

ヘナ染めをしている部屋を暖かくする!

ヘナは、暖かい地方の植物ということもあってか、暖かい環境の方が発色がよいそうです。

また、ヘナそのものに、体温を下げる作用があるので、冷え防止のためにも、暖かい部屋でヘナ染めをしましょう。

ヘナがしっかり発色するように、シャワーキャップの上からドライヤーをかけて温めてもよいですが、もっとお手軽なのは、お風呂でゆっくり入浴しながらヘナ染めをすることです。

夏場などは特に、気温の高い部屋で過ごすのはしんどいので、お風呂で半身浴しながらヘナ染めをする方が楽ですよ。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.